将来は、イチロー選手のようなプロ野球選手になりたい
海外で活躍するプロサッカー選手になりたい

夢だけでは生活できません 現実的な可能性を考える これからの子供の英才教育

子供自身の純粋な夢だけなら、それを応援するのもよいことでしょう
しかし、目指す目的の大部分が「お金」だとしたら、契約金が億単位となるような一流選手になれる確率はどれくらいでしょうか

スポーツ選手の契約金、年俸が高いのは選手として活躍できる、いわゆる賞味期限が短いせいもあります
一時的に大金を手にしますが、その分、高い税金も払うことになるので、あまり割りのいい商売ではありません

年俸1億円のプロスポーツ選手と年収1億円の事業主はどちらが多いでしょうか?

一流のプロスポーツ選手になって、大金を手にすることに比べたら、ネット事業で大金を手にする方が現実的だと思いませんか?

次記事 ネットトラブルは一生の汚点 ネットでトラブルに巻き込まれないために