ネットトラブルというのは、被害を受けるだけでなく、自らの人生を左右してしまうような大きなことに発展してしまうことがあります

いつものように、何気につぶやいたことが原因で、内定を取り消された大学生がいます

バイト先でのいたずら画像をアップして、多額の損害賠償を求められたケース

お店の店員を土下座させ、写真をアップしたことで、警察さながらの捜査を受け、個人情報を晒されたケース

いずれも、そこまで大事になるとは思っていなかったのでしょう

自分が公開した情報は、誰が見るのか
自分の友人だけしか見ていないというのは錯覚でしかありません
ネット上に公開した情報のほとんどは多くの人が見ることができます

しかも、全世界に情報が流れ、一度公開された情報は、削除することが困難です
特に、関心を持たれたことであればなおさらです

何をしたら、どうなるのか、とりわけ、この基本的な部分はしっかりと認識しておく必要があります

一度の過ちで、ネット上には一生消えない汚点を残すことにもなります

次記事 お金をかけずにできる、これからの子供の英才教育