今や、全世界で毎日多くの人に利用されているYouTube
YouTubeでは、一般の人でも、自分のアップした動画に広告を表示することができるようになっています
サービス開始当初はなかったサービスです

YouTubeにアップした動画を収益化して視聴者数を増やす 無料で利用できるサービスなのでローリスクです

アップした動画を収益化すると言っても、アカウント画面から広告表示の設定を行うだけです
広告の表示はシステムが自動的に行ってくれ、動画を見たユーザーが広告をクリックすると収益が発生します
つまり、収入を得るために、何かを売ったり、宣伝するような必要はなく、ユーザーはただ動画をアップするだけでよいわけです

よって、誰でも簡単に収益化できるのですが、ハードルが低い分、金額的にはたいしたことはありません
目安として、動画再生1回あたり0.1円、1,000回再生されて100円程度

ただ、実際にアップされている動画を見てもらうとわかりますが、中には、何十万、何百万回再生されているものもあります
こうなるとちょっとの金額ではなくなります

実際に高校生が1年で1000万円以上もの大金を稼いでいるケースもあります
大人の考えることより、子供の視点の方がよい結果をもたらすこともあると言うことです

しかし、より大事なのは、お金そのものよりも、どうしたら「お金になるのか」を実践的に学ぶことができること
将来、どんな仕事、商売をするにも必ず必要になることです

次記事 実体験することほど確実なことはない マーケティングの基本を学ぶ