企業の中で「人」を育てるために費やされる時間は、昔と比べると減っていると見る方がいます
企業の大きさに関わらず、余力がないということが一因のようです

じっくりと時間をかけて育てる余裕がない

企業が求めるのは即戦力の人材です これからの子供の英才教育

経費削減を追及した結果、どこにも「余裕」がなくなっているのです

だから求められるのは、即戦力となる人材です
社会人1年生を自ら言い訳にしているようではダメだということです

たしかに、誰でも、初めて直面する問題、課題に対して、うまく対応することはできません

しかし、誰かに教えてもらうことでしか解決できない人間と自力でどうにかしようとする人間とでは大きな差があります
こういったことは、ある日突然身につくものではなく、日々の生活の中で身についていくものです

インターネットサービスを使って、どうしたら、よりアクセスを集めることができるのか

すでに、マーケティング、市場原理、市場心理などを持ち合わせているというのは大きな武器になります
理論だけでなく、実体験できているというのは、知識を学ぶだけの場所では経験できないことです

英語が堪能な人が求められるなど、企業が求めるのは即戦力の人材です

次記事 先生はGoogle、ググれば何でも教えてくれる 親がすることはアカウントの開設だけ