子供の教育には、学校の先生、塾の講師、家庭教師など教える立場の人が必要です
しかし、インターネットについては、人ではなく、Google先生がすべての疑問に答えてくれます

先生はGoogle、ググれば何でも教えてくれる これからの子供の英才教育

今や、インターネット上には、検索してわからないことはないのではないかと思えるほど情報が溢れています

あまりに情報が多過ぎるため、必要な情報を捜すための検索のテクニックや数多い情報から役立つ情報、時代遅れの情報、虚偽の情報など、情報を識別する 能力が必要となっています
こういったことも、結局は多くの事例に対処することでしか、経験を積むことでしか、身につきません

そして、それは「きっかけ」が与えられたかどうかにつきます

親がやることと言えば、アカウントを開設してあげることぐらい
収益のことを考える必要はありません
収益は、アクセス数に比例して増えるという単純なことなので、いかにアクセスを集めることができるかがポイントになります

無料で利用できるインターネットサービスは何種類もあります
どれをどうやって、どう組み合わせれば効率よくアクセスを集めることができるのか
その答えは、インターネットの中にしっかりとあります