年金収入のみ国民健康保険の親と会社員で社会保険の子供の事例です

収入額や家族構成はまったく同じなのに、保険税が違ってしまうケース

国民健康保険税 会社員の子供と年金収入のみの親のケース

長男が世帯主の場合、会社員で、国保の加入者でなくても、世帯主であるということで、長男の所得が世帯所得として 合算されてしまいます

長男の所得が合算されることで、国民健康保険税の減額(軽減)制度の対象から外れることになり、満額を支払うことになります

両親と世帯分離することで、これを回避することはできますが、問題になっているのは、「世帯主」だけなので、「世帯主変更」を することもできます

国民健康保険税 世帯分離ではなく世帯主変更で対応可能

世帯主を親にすることで、国民健康保険税の減額対象になることができます

【次記事】
国民健康保険税 実家で暮らすシングルマザーの事例