実家で暮らすシングルマザーの事例です

世帯主である親は会社員であり、国保の加入者ではありませんが、世帯主であるということで、親の所得が世帯所得として合算されます

国民健康保険税 実家で暮らすシングルマザーのケース


親の所得が合算されることで、国民健康保険税の減額(軽減)制度の対象から外れることになりますので、 「均等割」と「平等割」ともに満額を支払うことになります

本来、本人の収入だけで判断すれば、7割減額条件(33万円以下の世帯)を満たしています

この場合、世帯分離すれば、親の収入が合算されなくなりますので、「均等割」と「平等割」は、7割減額となります

パートの年間96万円の収入であれば、親の社会保険に入ることも考えられます
そうすれば、このような苦慮もせずに済むわけですが、いろいろと事情もあるかと思います

ちなみに、世帯分離しても、税金上の扶養控除を受けることはできます
本人とその子供を親の扶養家族とすれば、親の支払う所得税、住民税を安くすることができます

【次記事】
会社にわからないように税金上の扶養控除を受ける方法とは?