年金収入しかない高齢の母親と現役世代の長男の家族のケース…

母親の収入は、国民年金だけで年間60万円ほどの収入しかありません

住まいは持ち家なので、家賃の支払いはありませんが、年金だけの収入では生活が厳しい状況です

高所得の長男からの生活支援


以前は母親と同居していた長男は、実家の近くの駅近マンションを買ってひとりで住んでいます

しかし、母親だけの生活には不便なこともあるので、週に数回は顔を出して買い物など家事を手伝っています

また、お金の面でも、母親の年金だけでは生活費が不足するので、足りない分を支援しています

所得に応じて求められる保険料


母親に求められる公的負担は、母親だけの「住民税非課税世帯」なので負担の少ない階層になります

また、住民税の非課税世帯になることで、様々な軽減措置、サービス受給の対象となります

世帯が分かれることで、公共料金の基本料が二重払いになるような負担増となる部分もあります

しかし、介護サービスの利用者負担になると年間10万円以上の差になることもあるので、家計的には大きな違いとなります

【次記事】
年収300万円であっても求められる負担が多くなってしまう家族のケース

家計の負担を考えます 国民健康保険税についてまとめ