在宅で仕事ができる クラウドワーク 単発バイト 内職在宅 在宅ライター


年金収入しかない高齢の母親と現役世代の長男の家族のケース…

母親の収入は、国民年金だけで年間60万円ほどの収入しかありません

前の家族との違いは 現役世代である長男の収入と同居か別居かの違いです

収入の少ない家族の同居生活


母親は国民年金だけの収入が年間60万円で、長男は年収300万円の同居世帯になります

収入が絶対的に不足しているわけではありませんが、必要十分とは言えない状況です

前のケースと同様、母親は「住民税非課税」であり、本来、公的負担はもっとも負担の少ない階層のはずです

しかし、同居する長男が年収300万円とは言え「住民税課税者」となるため、負担階層を引き上げる要因となっています

世帯所得に応じて決められる保険料


普通に考えれば、前のケース、マンションを所有している年収1000万円の長男のいる家族の方が求められる負担が多くなりそうです

しかし、上の計算例のように、本人に収入がなくても、同居家族に「住民税課税者」がひとりでもいると負担が増える仕組みです

先の年収1000万円の長男のいる家族のケースと異なるのは、「同居」しているか「別居」しているかの違いで、 収入が少ない、生活に余裕がない方が負担が重くなってしまう事例です

今後、介護サービスを利用し始めると負担は増えていきますが、その重い負担は長男ではなく、母親が負うことになります