最低限の生活をする上で、最後の砦となっているのが生活保護です

生活が苦しくなり生活保護のことは知ってはいても、罪悪感、恥ずかしいと感じる気持ちなどから 申請をためらう方がいます

安定した生活には安定した収入と精神的不安の解消が必要

しかし、この制度は、法律に定められているものです。

憲法には
第二十五条  すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
と定められています。

ニュースなどで、不正受給に関することが報じられることもあって、 制度の利用に消極的な方も多いかと思います。

ただ、自分の力だけではどうにもならない状況の中では、日本人の権利として、これを主張することは決して間違いではありません

心ない役所の職員の言動に絶望感をもってしまう場合もあるようですが、一方で毎年のように生活苦に伴う事件事故が起きています
このような悲劇にならないよう、まずは命を守るため、勇気を持った行動を起こしていただきたいと思います

受給額は?いくらもらえますか?最低限度の生活をするために必要な金額とは?


生活支援の公的制度 最低限度の生活をするために必要な金額とは?