公的支援制度、一般的に言うところの生活保護の仕組みは法律に定められているものです

法律に基づいた制度ですから、日本全国で共通に受けることができます
(自治体によって給付額などに差はあります)

生活扶助費基準 生活扶助 住宅扶助


支援の中身(金額)は一律ではなく、その人、その家族の状況、事情によって異なります

子供がいる、学生がいる、病気の人がいる、介護を必要とする人がいる、仕事を探している人がいる
それぞれの世帯に必要な金額を算定して支援の内容が決まります

また、医療費や介護サービス費など役所から直接支払われるものもあります
主な支援内容として、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助があります

【次記事】
扶助額の計算の基礎となる金額 基準生活費とは…?

【関連記事】
健康で文化的な最低限度の生活をするために必要な生活費
実際の支給額は給与や年金など収入認定額を差し引いた金額となります