申請する場所は、現に住んでいる住所地の市役所となります

何かしらの事情があって、住民票が前の居住地に置いたままのケースもあります

しかし、住民票を異動させていない、前の住所のままであっても、申請するのは「現所在地」となります

生活支援のための公的支援


以前は、そのまま「生活保護課」などの組織名称が使われていましたが、最近では「生活支援」「社会福祉」なども組織名称として使われているようです

組織名だけでは判断できない場合は、申請場所はどこになるのか、役所に問い合わせておく必要があります

【注意事項】
申請場所は、住民登録は関係なしに実際に住んでいるところとなります

【次記事】
生活保護法による保護申請書 事前に書類を確認しておくこともできます

【関連記事】
申請書、資料を用意するだけでなく、いろいろと調査されることの同意が必要
親族(扶養義務者)に対する調査 扶養(援助)についてのお願い
扶養届 扶養(扶助)について次のとおり回答します
扶養届 扶養義務者の世帯状況についての回答
生活支援の開始 保護決定通知書が送られてくる