検索エンジンでのアクセスが期待できるキーワードを記事タイトルに入れます

せっかくアクセスが期待できるところなのに、記事タイトルを短かく、簡単にしてしまうのはもったいないことです




日本人がブログを書いていれば、日本人なりの感覚で文字を書いていきます

しかし、検索エンジンが相手となると、普通の日本人の感覚とは異なる意識を働かせる必要があります

普通なら「何が、どうした」という風に書くところを
「どうした、何が」という記述もあり得るということです

この場合の「どうした」の部分は、キーワード検索に期待する言葉です

文章的に多少おかしくても、キーワードを優先した方がいいです
もちろん、意味がわかる範囲内であることは言うまでもありません

また、日本語では、同じ意味のことでも複数の言い方があるものがあります

例えば、「家」の場合
「家」のほかにも、「マイホーム」「住まい」などと言う場合があります

どの言葉で検索するかは人それぞれです
同じテーマの記事をアップするにも、常に同じ言葉ではなく、他に言い方がないかどうか、少し意識する ことで、検索の間口を広くすることができます

次記事 ユーザーに見たいと思われる記事タイトル