思わず、クリックしてみたくなるような記事タイトルをつける

よく言われていることですが、やはり、大きなポイントであることは間違いありません

タイトルを見ただけではまったく何のことだかわからない、短いタイトルをつけた記事もあります




ある程度、固定ユーザーを得ているブログならそれも「あり」かもしれません

しかし、成長途上のブログなら、記事タイトルで呼び込むことが必要です

もちろん、コンテンツの質については言うまでもありません

内容に興味を持ってもらえるような、見たいと思われるようなタイトル

しかし、コンテンツに関係のない言葉を使ったり、煽るような文言を使うのはNGです

そういった方法は、瞬間的にはよくても長続きしません

新規さんだけを集めているだけでは、先はありません

また、次も見たいと思われるには、内容(=質)が重要であると同時に信頼を得ることが必要です

以前のライブドアTOP左下にあった恋愛コーナー

ライブドアTOP

ほぼ毎日チェックしているコーナーで、気になるタイトルが多く、ついつい見てしまいます

しかし、中には、あれっ?これ昨日の記事だ、と思うことが多いのです
つまり、記事内容はそのままで、タイトルだけ付け替えているんです
なんか、騙された感もあるのですが
例えば、ある記事に「A」というタイトルを付けてアップした場合、見てみようと思う人と見ない人がいるわけです

しかし、見なかった人の中には、「B」というタイトルだったら、見たいと思った人がいるわけです
せっかくのためになる記事も、タイトルの付け方ひとつで、見る人と見ない人がでてきてしまう
タイトルの付け方が重要だと言われる所以です

なので、過去にアップした記事をタイトルを変えてアップすることは悪いことではないのです
ためになる記事なら、ひとりでも多くの人に見てほしい、そう思うのはごく当たり前のことです

ただし、あまり繰り返すと、内容のないブログと誤解されてしまうこともあるので(ユーザーだけでなく、検索エンジンにも)、 タイトルを替えるのと同時に、少しは記事にも手を入れた方がいいでしょう
付け加えたいこと、参考になる記事へのリンクなど、手を加えることはそれほど難しいことではありません

次記事 検索エンジンのキーワード入力補助機能を読む