最初は、競争の激しくない、簡単に上位表示できそうなキーワードを狙ってみます

検索結果を見て、表示されているサイトやブログのURLを見ます
長めのURLが多ければ、比較的、ゆるい検索キーワード(上位表示させることが容易)と言えます

逆に、短めのURLで、キーワードがサイト名や記事タイトルにマッチしているのが多ければ激戦区と考えていいでしょう




キーワードを検索

記事タイトルを決める時に、キーワードを検索してみます

キーワードを検索

検索補助機能が働くところで、キーワード候補を一通り見ます

記事に合うものがあれば、それを取り入れます

若干違っても気になるキーワードがあれば、逆にキーワードに合わせて、記事を修正する場合もあります

次記事 即効性のあるソーシャルでの拡散の注意点