ネットの売り上げが伸びるにつれ、すっかりと生活ぶりが変わっていた

常に、何かネタを探していた

母の介護のことは、もちろんネタになるし、ネタを意識して介護していると、どこか当事者とは違った見方をしていることもあった




ネタになるということは、つまりは、お金になるということ
何か、新しい試みも、ネタになると思えば苦にはならなかった
どこか、楽しんでいるようなところもあったかもしれない

筆記用具とデジカメは常に持ち歩くようになった
思い浮かんだことがあれば、それをメモし、気になるものはとりあえず写真に撮った

目にするもの、耳にするもの、すべてがネタにならないか気になる

生活のために、いろいろとコンテンツになるものを探していたはずだったのに、 いつの間にか、コンテンツのために、生活しているような感じになっていた

〜あるブロガーの記事より

生活していると、毎日平凡に過ごしているようでも、何かしら思うことや気づくことがあるものです
大変な労力が必要なものなら、大変だと感じているのは自分だけではありません
他の誰かも同じように大変な思いをして生活を続けているはずです
そこでの不安や疑問などは記事になります

記事の中で、必ずしも解決方法を提示する必要はありません
記事を書くという過程の中で、何かしら得るものがあるかもしれません
記事にするということが、調べてみようという機会になることもあります

また、ブログにはコメント機能があります
ブログを見た人から何かよいアイデアを聞くことができるかもしれません
そういった情報交換ができるのもブログのよいところです

そして、そのことがまた新しい記事になっていきます

次記事 自分でネタを見つけられない場合はアンサー記事で