問合せの中でも、度々取り上げられる国民健康保険税のこと…

会社員なので関係ないと思われている方でも、退職後は、国民健康保険に切り替わる方も多いはずです

納付方法も、負担率も異なるので、余計に負担に感じられるかもしれません

保険税の計算方法の注意点


世帯分離の相談の中でも、国民健康保険税に関する内容が散見されます

それだけ負担に思われる、負担に感じる方が多いのではないかと思います

たしかに、国民健康保険があるかないかの違いは、実費負担になるか、3割負担になるのかの違いですから大きなものです

それでも、先の「保険」よりも、日々の「生活」の方が問題になることがあります

資産割 保険料の計算


自治体によっては、家や土地を所有していると「資産割」という負担をしなければならない場合もあります

会社員など、給与所得者に求められる公的負担は「収入額を考慮して」負担額が決められるものが多いです

しかし、国民健康保険については、今の収入状況には関係なく、例え、収入がゼロであっても、計算上は保険料の負担が求められることになります

【次記事】
所得収入がなくても保険料はゼロにはならない 国民健康保険の基本料金








【関連記事】
正しく計算された適正な保険料なのかどうか確認しておく必要があります
収入がなかったという申告をすることで保険料の減額制度が適用されます
問題のある人がいるために保険料が適正に算定されない家族の事例